手作り問題

もらいたくないプレゼントとして、友人が冗談でランキング1位に挙げていたのですが、「手造りの食べ物」は、どうしてもご遠慮したいと願うギフトであると、口ぐちに友人たちが感想を述べました。手造りやハンドメイドが好きな人々もいますが、よそのお宅で、調理した食べ物が口にできない人が最近多いのだと巷で聞いています。人が素手で握った「おにぎり」や、素手で作った「サンドイッチ」や「手ごねハンバーグ」が食べられないと拒否をする人が、定食屋さんなどでも続出しているようです。特に、若い世代の人に多いようですが、中高年世代でも、潔癖症の人は、手造り感漂うハンドメイドな食べ物が大の苦手という意見の人がみつかるようです。そのような方々の元に、お中元シーズン、我が家のお手製ハム ギフトの詰め合わせをお持ちしました。なんて言われたら、お引き取り下さいと心の中で呟きながら、笑顔で受け取らなくてはならない辛さがありますよね。手造り製品とは、想いをじっくり込めて作るものですから、せっかく時間をかけて作ってくれた物に対して、受け取る側は、邪気には扱う事はできません。贈る側としては、受け取る側の相手の気持ちも考えて、自分の気持ちの押し売りは避けたいところですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です