サラミの出身地はイタリア

イタリア料理といったら、パスタ、ピザ、生ハムなどがあがりますが、「サラミ」も、イタリアを代表する食べ物です。なかには、日本ではあまり知られていませんが、チョコレートのサラミがるほどです。これは、日本のタバコ容姿をしたチョコレート菓子、同様、サラミの容姿をしたチョコレート菓子なのですから、知らない人が食べたら、驚きの味ですよね。サラミは、ソーセージの干からびたもののようなイメージがありますが、加える香辛料や、調味料、お肉の赤身と脂分の割合などの違いで、多種多様なサラミがあるようなのです。サラミは、作ってからすぐ食べられるものではなく、食材を乾燥させ熟成させる必要がありますので、手の込んだ加工食品であるのです。主には、豚肉が使用されているようですが、なかには変わり種で、ロバやイノシシ、ガチョウといったような動物の肉を使ったサラミもあるようです。一時、日本にダチョウを家畜化しようと、ダチョウブームが来た時代が一時ありましたが、ダチョウの肉もハムやソーセージ、サラミなどとして加工されたようなのですが、どうやら今のところは、日本には、まだ根付いていないようですね。「サラミ」は、前菜にも、メインディッシュとしてもよく登場する食材です。日本では、フランス料理のコース料理を食べる機会が多いかもしれませんが、イタリア料理のコース料理などには、サラミは大変よく使用される食材の1つです。また、イタリア人は、食事をしながらよくしゃべり、お酒を飲む習慣がありますから、サラミのような塩気や辛味の強い食材があると、どうしてもお酒が進み、おしゃべりもはずみますよね。「サラミ」は、陽気なイタリア人にぴったりな食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です